擁壁工事


擁壁工事は、適切な設計と綿密に計画された施工により、初めて強くて美しい擁壁となります。震度6の地震で崩落するような擁壁は、設計か施工もしくは両方のミスが必ずあると考えて間違いありません。

RC建設の擁壁は、設計から施工まで責任をもって行います。資産としての建物や、かけがえのない人命を見えない部分でガッチリ支えます。

事例01

狭小現場の擁壁やり替え工事

youheki01
建物を存置しながらの狭小現場の事例です。限られたスペースのため、構造断面や必要地耐力確保などの設計条件。施工中の既存建物の安全確保。施工機械や手順の検討。さらには工程や予算まで、着工までに多くの問題がありましたがスマートに完成しました。

事例02

ベース幅の取れない特殊擁壁工事

擁壁事例
後に造る建物と干渉するため、擁壁のベース幅に制約があったケースです。転倒モーメントに対応するために、根固めコンクリート巻きを行ったH鋼とRCの複合擁壁として構造設計を行いました。状況に応じたクリエィティブな発想を大切にします。